Wlinux 改名

さて。。。ずいぶんと更新の間が開いていました。

 

自宅サーバーに関しては、一応、各種ミドルウェアソフトの導入は完了しているものの、中々こちらでまとめる作業が手つかずになってしまっています。

 

で、今回は、以前取り上げた Wlinux が、なんでも Pengwin というソフトウェア名に変わったとのことで、自宅デスクトップ機で、ちょっとハマった点、解決策を記しておきたいと思います。

Wlinux から Pegwin への自動移行失敗

Wlinux 消失?

今週弾め、たぶん4月7日だったと思いますが、Widnows 10 のタスクバーにピン留めしてあった、Wlinux のアイコンが消えていました。

 

「あれ!?」と思って左クリック、右クリックしても、何のメニーも表示されない。コンパネの「アプリケーションの追加と削除」の一覧にも無い。

 

どうしたものかと考えた末、Microsoft ストアで検索してみると、これまた Wlinxu そのものは見つからない。

しかし、よくよくみると、購入した覚えの無「Pengwin」というディストリビューションが検索結果に含まれており、ステータスが「購入済み」となっていました。

 

そこで……

Pengwin をインストールしてみる。と、なぜか Wlinux の設定を引き継いでいるッぽい。

また、wlinux-setup コマンドもちゃんとある。

 

どうやら、改名したらしい、とそのときになって思い至りました。

Windows タスクバーの Wlinux アイコンが消失たのは変わらず

まあ、新しい Pengwin のアイコンはピン留めできているので、実害は無いのですが、アイコンが無いスペースがある、というのは見栄え的に良くないので、調べてみるました。

UWP アプリのアンインストール

デスクトップアプリと同じ方法で消せないか

既存の Windows デスクトップアプリは、確か、特定のディレクトリに、ショートカットの状態であったなあと思い出して、ちょっと調べると、分かりました。

%AppData%\Microsoft\Internet Explorer\Quick Launch\User Pinned\TaskBar

が、ここにあるのは、従来のアプリケーション、すなわち「デスクトップアプリ」ぱかりでした。残念。

 

Wlinux は UWP アプリなので、別のパスにショートカット等があるようですが、こちらは管理者権限でもアクセス出来ないパーミッションでした。

Windows Power Shell

なんとか、残骸が残っているッぽい Wlinux をアンインストールしたいところですが、中々見つからなかったのですが、やっと見つけました。

どうやら Windows Power Shell を使えば行けそうでした。

 

Windows Power Shell を実行し、下記コードで UWP の PackageFullName を取得し、また削除もできる様子。

 

いや、このMachineに変えてから、初めてですよ、Windows Power Shell の起動(笑)。

PS C:\Windows\system32> Get-AppxPackage -Name *Whitewater*


Name              : WhitewaterFoundryLtd.Co.16571368D6CFF
Publisher         : CN=9879127B-9E92-4DE5-9C32-0B1F09F95DCF
Architecture      : X64
ResourceId        :
Version           : 1.2.1.0
PackageFullName   : WhitewaterFoundryLtd.Co.16571368D6CFF_1.2.1.0_x64__kd1vv0z0vy70w
InstallLocation   : C:\Program Files\WindowsApps\WhitewaterFoundryLtd.Co.16571368D6CFF_1.2.1.0_x64__kd1vv0z0vy70w
IsFramework       : False
PackageFamilyName : WhitewaterFoundryLtd.Co.16571368D6CFF_kd1vv0z0vy70w
PublisherId       : kd1vv0z0vy70w
IsResourcePackage : False
IsBundle          : False
IsDevelopmentMode : False
NonRemovable      : False
Dependencies      : {WhitewaterFoundryLtd.Co.16571368D6CFF_1.2.1.0_neutral_split.scale-100_kd1vv0z0vy70w, WhitewaterFou
                    ndryLtd.Co.16571368D6CFF_1.2.1.0_neutral_split.scale-125_kd1vv0z0vy70w}
IsPartiallyStaged : False
SignatureKind     : Store
Status            : Ok


PS C:\Windows\system32> Get-AppxPackage *Whitewater* | Remove-AppxPackage

 

Pengwin を巻き込んでしまいましたが、Wlinux、無事タスクバーのアイコンを削除できました。

で、Pengwin を再インストール。

 

これでめでたしめでたし。

Pengwin

ついでに、Pengwin を少し触った感想を。

Wlinux-Setup コマンドは使えるものの、初回起動時に、Pengwin-setup に入れ替えられました。

後は、pengwin-setup で「Setting」→「EXPLORER」「GUI」「SETTING」の3つを行いました。

WSL向けに最適化されたLinuxディストロ「WLinux」が改称、「Pengwin」に
という記事が4月12日に出ているので、ワタシはどうも先走っていたようです(笑)。

 

また、上記記事によると、X410 等と組み合わせると、設定ダイアログが GUI で表示されるとのこと。

 

まぁ、コマンドでやった方が早いかもしれませんが、GUI で設定できる選択しがあるのは、良いかもしれません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください